婦人病に使用されるバルトレックスの治療

性行為中のカップル
性感染症とは、性的な接触によって感染する病気です。
一般的に、性行為によって感染するものと言われています。
しかし、性行為だけではなく、性器の接触やディープキスなど粘膜同士が触れ合うようなオーラルセックスやアナルセックスなどでも感染が確認されています。
男女ともに感染するもので、女性は婦人病といわれています。
性感染症は、病気の種類によってはひどく進行するまでなかなか症状が表面に出ないものもあります。
それゆえに、知らない間に感染して、知らない間にパートナーにうつして、感染を広げていることも多いです。
病気の種類には、カンジダ、クラミジア、ヘルペス、淋病、梅毒、エイズなどがあります。
そして、病気の種類によって使用される薬や治療も全く異なります。
クラミジアならジスロマックという内服薬が処方されますし、カンジダならカーネステンクリームという塗り薬が処方されます。
粘膜の採取や血液検査、病理診断など様々な検査があります。
性器ヘルペスも性感染症の代表的な病気の一つです。
感染が確認できたら、バルトレックスと呼ばれる内服薬を使用します。
バルトレックスで効果が期待できない場合は、点滴などを行います。
ヘルペスはバルトレックスの服用や点滴により症状は改善されます。
しかし、抗体ができても疲れたりストレスがかかるとかなりの確率で再発を繰り返します。
一度治癒したあとに再度、症状に気づいたら、治療を行うことが望ましいです。
婦人病の一つである性感染症は、予防することによりかなりの確率で、感染を防ぐことができます。
従って、コンドームの使用や出血があるときは気をつけるなど、日頃から性行為において、知識を身につけておく必要があります。
男性は泌尿器科、女性は婦人病を診察する産婦人科で診察が可能なので、症状に気づいたら、早めに治療しましょう。