単純疱疹と帯状疱疹の違い

単純疱疹と帯状疱疹とは、何れもヘルペス科ウイルスにより起こる病気ですが、前者は単純ヘルペスウイルスによって、後者は水痘・帯状疱疹ウイルスにより引き起こされます。
単純疱疹は、ヘルペスウイルスの感染によって皮膚や粘膜にびらんを主体とする病変が生じ、初感染の場合症状があらわれないことが多いです。
ただ、人によっては痛みを伴った水泡ができ、高熱やリンパ節が腫れたりすることもあります。
再び発症した場合は、ヘルペスウイルスに対し免疫ができているため、重症化することはないです。
帯状疱疹は、脊髄後根にある神経節に潜伏感染していたウイルスが、過労や免疫機能の低下などにより再活性化して発症します。
単純疱疹と違い一生に一度しか罹らないと言われ、先ず神経痛に似た痛みが出現し、数日から1週間後に水泡が出現するのが特徴です。
水泡は初めは透明であるものの黄色い膿疱となり、水泡が破れるとびらんや潰瘍になります。
単純疱疹と帯状疱疹の治療は、前者は抗ウイルス薬の全身投与が基本で、細菌の二次感染を防ぐため抗生物質の全身投与などを行うこともあります。
後者は、早期に抗ウイルス薬の全身投与を開始するとかなり軽症にすることが可能で、症状が重いと抗ウイルス薬の点滴静注が行われます。